FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業給付金と会社都合退職

失業給付金というのは、在職中の雇用保険の掛け金からいただくものですが、利殖時の状況や理由によって、失業給付金の給付額が変わるってビックリですね。

それもね、普通の生命保険や傷害保険のように、毎月これだけ掛けていれば、これだけの失業給付金が貰えますよっていう単純なものではないんです。

勿論失業保険を沢山掛けている人は、長く働いていて沢山お給料を貰っている可能性が大きいですから、受給額が大きくなる可能性も十分にあります。

ただ直接的に失業給付金の基本手当日額の目安になるのは、離職前6ヶ月間の基本賃金日額。

つまり、会社の不況などでベースダウンしていれば、そっくりそのまま響いて来ちゃうんですね。

それも、同じ掛け金で、失業給付金が長く貰える場合と、短期間しか貰えない場合が出て来ます。

基本手当日額には差がなくても、受給日数に差があれば、当然、トータルで貰う受給額には差が出ますよね。

こんな失業給付金の不公平、疑問や不満に思われる方も少なくない事でしょう。

失業給付金の手続きは、退職した会社から貰う離職証明書に基づき進められて行き、ここに記載されている過去半年間の賃金によって失業給付金の日額も決まって来ます。

この離職証明書は会社が一方的に作成する書類ですから、正直、やめたヤツの失業給付金の事など、全く考えてくれていない場合も珍しくありません。

それどころか、自社の都合はなるべく隠したいものですし、体裁等もあって、利殖の理由を勝手に自主的なものと記載する事が結構あるんですね。

そうなると、例え解雇されたのが事実であっても、失業給付金の手続きは、自主的に会社をやめた一般受給者として扱われてしまいます。

3ヶ月間待機期間を経たのちに、5ヶ月ほど失業保険を貰うというぱたーんです。

でも、現実には突然失業してしまった訳ですから、当然ただちに失業給付金を貰えないと、生命の危機に見舞われる事だってあり得ますよね。

なので、そういう場合は、いくら書類には”一身上の都合”と記載されていても、ハローワークで現状をしっかり訴えましょう。

そうすると、ハローワークの方がきちんと調査をし、確信が持てれば、特定受給資格者として失業給付金の早期支給を実施してくれます。

そなると、黙っていれば5ヶ月分位しか貰えなかったはずの失業保険が、7ヶ月位もらえたりなんかもする訳です。

まあ、会社が倒産した場合は、そんないざこざは一切不要、問題なく失業給付金の特定受給資格者となれますから、悲しい反面嬉しいものもありますね。

今の時代、全ての労働者に対する明日の保障がないと言っても、決して過言ではないでしょう。

自分は大丈夫という考えはさておき、時にはブログやサイトで失業給付金についての豆知識を身につけてみられてはいかがでしょうね。



スポンサーサイト
[只今第1次募集]最低報酬1500円~在宅サーチワーカーを募集しております
【求人募集】時給26,683円のデータ入力ワーク・在宅ワーカーさん大募集!
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

失業給付金と出産

失業給付金は、安心して次の仕事を探すための支援金みたいなものだから、失業給付金を貰い出したら、本格的に就職活動をしないといけない。

このルールはよく解るんだけど、ママになったばかりの私がいくら失業給付金を貰っている身とは言え、本格的な就職活動をするのはちょっと難しいじゃないですか。

こまめにハローワークに行って、紹介状を書いてもらって、あちこちの会社へ入社試験や面接を受けに行くなんて出来ない。

勿論、失業給付金受給者の最大の条件である、再就職したいという気持ちは今でも持っていますよ。

ただ、現実問題、出産のために利殖した妊婦には困難な課題ですよね。

だけど、失業給付金の制度は案外優しくて、そういう妊婦さんのための処置をちゃんと用意してくれているんです。

失業給付金の受給有効期間は通常1年ですが、失業給付金には受給期間の延長制度というのが設けられているそうですね。

この手続きさえしっかりしておけば、ある程度子供の手が離れて、ちゃんと就職活動が出来るようになるまで失業給付金の受給有効期限を伸ばしてもらえるんです。

目安としては子供が3歳位になるまでだから、肉体的にも精神的にもかなり余裕は持てますよね。

ただし、この間ずっと失業給付金が支給される訳ではなく、受給の開始日が待ってもらえるというだけの事です。

ようするに、子供の手が離れて、本格的にハローワークや会社面接などに行けるようになった段階で、就職活動をすればいい。

そして、その時になったら、就労活動の支援金とも言える失業給付金の支給をしましょうというシステムです。

これなら納得、安心して出産から育児、そして就労活動へと進めますね。

失業給付金を貰うまでは無職無収入の専業主婦ですから、堂々とパパの扶養家族として子供とともに社会保険にも加入出来ます。

ただし、この延長制度を活用するためには、指定の期間内に指定の手続きをしないといけないので、雇用保険に関するある程度の知識が必要です。

私のように何も知らずに失業給付金の手続きに行くと、まあ恐らくその場で教えてはもらえるとは思うけど、また手続きをし直さないといけないという事になっちゃうから。

家に帰って来て、ネットを開いてみると、なんと、先輩ママさんたちのブログやサイトには、この雇用保険に関する情報が沢山載っているではありませんか。

こんな事なら、ハローワークへ行く前に、こんなブログやサイトで、もっとちゃんと失業給付金についてお勉強しておけばよかったと後悔しましたよ。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

失業給付金とバイト

失業給付金は正社員しか貰えないと思っていたのですが、実はアルバイトでも今は失業給付金が貰えるんですね。

逆に言うと、アルバイトでも離職後に失業給付金の支給を受けるために、雇用保険に加入しなければならないんですけどね。

昔は、アルバイトやパートの場合だと、一定の勤務時間を超えない限り、失業保険を払う必要はなかったそうですね。

ところが、2年ほど前に制度が変わって、正社員と同じ条件で失業給付金が受け取れるようになりました。

その代わりに、バイトやパートであっても、正社員と同じ条件で保険料を支払わなければならないのです。

勿論仕事をやめた時に失業給付金が貰えるのはめっちゃ嬉しいけど、バイトの分際で雇用保険料を払うのはちょっとと言う人も結構いるのはいるみたいですね。

でも、バイトやパートや契約社員ほど、利殖する可能性は高いし、何より明日の保障のない身じゃないですか。

だから、この失業給付金というのが実に有り難く思える日がいつやって来ても不思議ではないと思います。

失業給付金は、あくまでも失業中の生活を支えるための支援金ですから、失業給付金の意味を考えると、あれこれ細かい条件が付けられるのは当然だと思います。

ただ、失業給付金は、それまでの賃金と同等だけの手当が支給される訳ではないですよね。

少ない人なら半分位、多い人でも8割までですから、実際問題、それだけで生計を立てながら、尚かつ再就職に向けての活動をするのは大変な人も少なくないでしょう。

そこで、家計を助けるための福州に終える内職という手段が、失業給付金受給中の人には認められています。

確か1日4時間以内の勤務で、大体3,000円位なら問題なかったんじゃないかなぁ。

よくは覚えていないのですが、実は私も失業給付金を受給していた昨年、この内職控除を活かして、月に5万位の副収入を得ていたんですよね。

だから、結構いいシステムだし、うちでゴロゴロしている位なら、大いに活用されてみてはいかがでしょうか。

それにね、そのアルバイト先出、失業給付金の受給が満了となった後に、何らかの形で雇用してもらえる可能性も結構ありますしね。

実は私がその体験者の一人で、ずっと夜だけバイトをしていたピザ屋さんで、今はフルタイムのアルバイトとして働かせてもらっています。

こうした失業給付金の細かい制度はハローワークで調べるといろいろ難しく感じてしまいますよね。

その点、体験者が語るブログやサイトの説明は実に簡易で解りやすいです。

私もそうしたブログや際とを読んでいるうちに失業給付金と内職のいい関係を知ったので、今日はちょこっとご紹介しました。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

失業給付金の受給期間

失業給付金の受給期間って半年だと思ってたんだけど、実際、時給期間は、人によって随分違うんですね。

それにね、失業給付金には、時給有効期限なるものが存在するんです。

ですから、理由はどうあれ、会社をやめたらすぐさまハローワークへGoですよ。

私の友人は、会社の書類発行が遅れたために、まるまる30日分の失業給付金を貰い損ねてしまいましたからね。

おまけに、解雇されたのにも関わらず、依願退職扱いの書類が作成されていて、もう大変。

危うく更に2ヶ月分位の失業給付金を貰い損ねるところでした。

たまたま私が、去年同じような状況で失業し、ハローワークへ通ってたんですね。

そこで、いろいろと失業給付金に関する情報を仕入れていたから、なんとか被害を最小限に抑える事が出来たという訳です。

特に、2年前の雇用保険改訂により、以前とはかなり条件が変わっています。

前は半年ほどかけていれば貰えた失業給付金ですが、今では12ヶ月以上かけていないと降りない事が殆どです。

失業給付金の受給期間は、会社をやめた理由や状況によって大きく異なり、自分の都合で離職した場合を除いては、特定受給資格者となる事がしばしばです。

主な失業給付金の特定受給資格者は、会社の倒産や解雇などで、突然食を失った人、正真正銘の失業者です。

その場合は、突然無職無収入になり、明日の生活や次の就職準備に大きな支障を来します。

そこで、特定受給資格者として、1週間程度の待機期間満了後から、ただちに失業保険が支給されるんですね。

そして、受給期間も、なるべく確実に新しい職場を見付けられるようにという配慮から、若干長く設定されている事がよくあります。

例えば、30代前半の人でしたら、僅か1年未満の被保険者期間でも半年間ほど失業給付金を受け取れますし、1年以上かけていれば、更に1ヶ月位長く支給されます。

今回、損をした私の友達の場合も、この特定受給資格者に該当するのですが、いろいろあって、実際には最初から最後まで受け取れなかったんですね。

何故、彼女が失業給付金をちゃんと貰えなかったか、それにはちゃんとした理由はあります。

最大の理由は、彼女自身に失業保険に関する知識が乏しかった事にあるでしょう。

今はハローワークのお堅いホームページを読まなくても、一般のブログやサイトで失業給付金に関する知識はしっかりと得られます。

何しろ、今の世の中、失業保険の受給者は溢れかえっていますからね、そんな体験者が語る情報も溢れかえっているんです。

私の友達の話はまた後日アップしますが、皆さんも彼女のようにならないよう、失業給付金の知識は自分でちゃんと収集して下さいね。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

失業給付金について

失業給付金と言うと、余り耳慣れない言葉のような気もしますが、失業保険の事なんです。

まあ確かに失業保険の方が馴染みはあるけど、失業給付金の方がイメージは良いような気がします。

何だか失業保険っていうと、遊んでいるのにお金を貰っているように思う人もいるみたいなんですよね。

実際、私が以前失業保険をもらっていた頃は、まだ失業給付金なんていう言葉はありませんでした。

いいねぇ、失業保険暮らしなんて気楽な事が出来て・・・、なんて言われた事もありました。

突然会社を辞めたから、やむを得ず失業給付金をもらいながら再就職先を探していたのに、そういう心ない事を言う人もいました。

でも、まあ今でも、失業保険という言葉の方が一般的であるのは確かだと思います。

ただ、言えるじゃないですか、失業保険じゃなくて、失業給付金を貰ってるんですってね。

失業給付金を受け取るには、受給資格者にならなければなりません。

しかも、同じ失業給付金の受給資格者であっても、貰える金額や期間は大きく異なります。

自分が失業保険をかけて来た期間や働いていた期間、所得、年齢、それに失業の理由や状況によってもあれこれ変わって来ます。

失業給付金というと、6ヶ月っていう印象が強いけど、実際はそれが最も一般的であるっていうだけみたいです。

中には1年近く貰える方もいれば、3ヶ月位しか貰えない人もいるらしいです。

後、これもちょっと意外だったのですが、失業給付金には上限額というのが定められているようです。

それで、若い方だと、幾ら沢山お給料をもらって、沢山保険を掛けていても、上限額が低いんです。

つまり、本当ならもっと沢山失業給付金が貰えるはずなのに、貰えないっていう事もあるっていう事。

調べてみると、知っていそうで知らない事だらけの失業保険っていう感じです。

一度でも失業給付金を受け取った経験のある人でも、忘れている事やその時とは条件が違っている事、一杯あると思いますよ、私のようにね。

今はいつ受給資格者になっても不思議じゃない時代ですからね、その時慌てたり困ったりしなくても良いように、暇な時にでも少し勉強しておくといいかも知れません。

失業給付金に関する情報は、勿論ハローワークのホームページを開けば、ちゃんと収集出来るようになっています。

ただ、余りにも完璧すぎて判りにくい部分も少なくないのが事実なんですよね、あういうお役所仕事って。

その点一般のブログやサイトは分かり易く説明してくれているので、失業給付金というものの実態をかなり奥深く学ぶ事が出来るし、結構面白いからお勧めですよ。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

siotatsu1

Author:siotatsu1

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。