FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺族年金と扶養条件

遺族年金を受けている場合であっても、ご家族のどなたかの扶養に入ることは難しいことではありません。

実際に遺族年金の支給が発生した場合であるならば、その支給を受けられるご遺族の方は亡くなった方の扶養であるとされるからです。

そこでお子さんが18歳以上でもう社会に出て、扶養できるという場合、扶養されていても年間の自分で働いた収入がある程度越えなければ遺族年金の支給は可能なのです。

いわば遺族年金も支給してもらい、家族からの扶養を受けるということも、今では珍しくはないのです。

しかしながら高齢者に差し掛かった場合、発生する老齢者年金が発生した場合には扶養されていても遺族年金などに課税義務が生じてくる可能性もあるのです。

そのために遺族年金と老齢者年金の両方を支給されるために、働くにしても、重要なときに休まれるなどという問題があり、雇用側には困った存在でもあるのです。

いわば扶養されながら、ということになってきますと、色々と考えておかなければ、支給されなくなる可能性もあるのが遺族年金です。

遺族年金自体を否定するわけではないのですが、扶養に入ったら、そこでもう必要としなくなるという方もいることも確かなのです。

遺族年金の支給を頼りにしている、という方が実際には、「支給されればありがたいけれど、色々と面倒でもある」という声もあるわけです。

雇用問題にしても、扶養と遺族年金の支給は受けたいけれど、という方の場合は採用しないと言い切る雇用者もいるほどなのです。

もしもきちんと遺族年金を支給されながら、扶養に入っておきたいのであれば、専業主婦である方がいいという方もいることも確かなようです。

せっかく年金を収めてきたのだから、支給されないのは損だから遺族年金はしっかり受け取りたいという方ももちろんいらっしゃいます。

そこで扶養も受けながら、遺族年金も受け取ることを考えている場合、あまり働き手としては「家庭を守るほうがいいのでは」という態度を取られるのです。

遺族年金についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、遺族年金を支給されながら、扶養に入るコツなども調べてみましょう。

大不況が続く中で、手続きをきちんと踏んでおいたのであれば、働かずして収入が得られるということから、やはり支給希望者も多いのが遺族年金です。






無料占いサイト無料ゲーム
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siotatsu1

Author:siotatsu1

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。