FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金繰り表の作り方

資金繰り表の作り方ですが、とりあえず大雑把に作っておいて、詳細は後で考えましょう。

慣れない人にとっては、手間や負担がかかってしまうのが資金繰り表の作成です。

作成途中で資金繰り表を挫折してしまうかもしれません。

そうした挫折を防ぐためには、まずは資金繰り表を大雑把に作ることをお勧めします。

資金繰り表をわかる範囲内で数値を埋めることによって、全体像を早く完成させます。

細かい箇所は、変更や修正を加えながら資金繰り表を埋めていくことで効率良く作成します。

作成にあたっては、一人よがりになって資金繰り表を作らないことも大切です。

資金繰り表の作成は自分だけで作らず、他の人の意見も必要に応じて取り入れましょう。

自分の思い込みだけで資金繰り表の計画を作成すると、絵に描いた餅になるでしょう。

そして資金の収支を改善させる計画が資金繰り表には必要になります。

毎月の現金収支が悪化しているような資金繰り表の内容は、再度見直す必要があります。

あるいは現状維持で資金繰りが苦しい場合は、資金繰り表の計画を見直しましょう。

資金の収支が改善されるような計画を資金繰り表で作成することが何より重要です。

苦しい現状であっても、明るい未来を想定する計画を資金繰り表で作りましょう。

事業存続のためにも、説得力のある資金繰り表で資金計画をしていかなければなりません。

もちろん楽観的過ぎるような資金繰り表の資金計画も注意しなければなりません。

資金繰り表は、項目別、期間別に日繰り表を集計した表のことになります。

いきなり資金繰り表を作成するとは難しいかもしれません。

日繰り表を作成し、それを項目別、期間別に集計すると資金繰り表を作成しやすいでしょう。

日繰り表が資金収支の明細表ならば、資金繰り表は資金収支の集計表と位置付けられるかもしれません。






永続収入課金システム×200~量産型不労所得~現役出張ホスト水嶋トモの教えるセックステクニック
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siotatsu1

Author:siotatsu1

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。